500 Series

SuperBolt 500 (Distortion)
  • SuperBolt 500 (Distortion)
  • SuperBolt 500 (Distortion)
  • SuperBolt 500 (Distortion)
  • SuperBolt 500 (Distortion)

SuperBolt 500 (Distortion)

Superbolt 500 は、歪ませたダーティーなボーカルやドラムなどのクリーンサウンドではないあらゆる楽器をトラッキングするために、テクスチャーと様々なトーンを提供するフル・アナログのドライブモジュールです。デジタル・エミュレーションを使用していないオール・ディスクリート回路を採用しており、トラッキングやミキシングの為の癖の強いツールとしてご使用いただけます。サチュレート・トラックにプラグインソフトウェア以外を使用したいエンジニアやプロデューサーを対象にしてデザインされました。

 

Knobs and Controls
フロントパネルには Master、EQ、Drive の3つのノブが搭載されています。Master ノブはユニット全体の出力レベルをコントロールします。ローゲインセッティングのときにこのノブの設定を上げていくと、トーンへの僅かな色づけとナチュラルなオーバードライブサウンドを得られます。EQ ノブは、ヴィンテージ・ギターアンプで見られるものと同じタイプのトーン機能で、固定のローパスフィルターのようなフルスイープは使用するのにとても便利です。Drive ノブは信号に付加する歪みの量をコントロールします。僅かなブレイクアップ・サウンドから破壊的なディストーショントーンを作り出せます。

 

Toggle
Hi/Lo スイッチは、全体的なローゲイン/ハイゲインセッティングを切り替えます。Engage/Bypass スイッチはユニットの ON/OFF を切り替えます。フロントパネルの 1/4” フォンジャックには、ギターやベース、もしくはオールドのフォンプラグタイプのマイクを直接接続することができます。500シリーズのマーケットにおいて、専用のディスクリート・オーバードライブは今はまだ他にはありませんので、加工されていないアナログ・オーバードライブをレコーディングで使用してみてください。

VIDEO