Bass Pedals

Colour Box
  • Colour Box
  • Colour Box
  • Colour Box
  • Colour Box

Colour Box

1961年、あるイギリスのエンジニアは自宅にある小さな部屋で、後にプロ・オーディオの世界の歴史を変えることになるある会社をスタートさせました。その会社は現代音楽のトーンの軌道を示し、ジャンルを超え全ての世代のフォロワーにインパクトを与えました。レコーディングの世界で知らない人はいない、とまで言われる Neve*社のレコーディングコンソールは、Beatles の “Love Me Do” に始まり、Led Zeppelin、 U2、Spoon、Pink Floyd、Motown、Quincy Jones、Nirvana、Steely Dan、Neil Young、Tears For Fears、Tom Petty など、その有名なサウンドは数え上げればきりがありません。Colour Box はその伝説への JHS Pedals のトリビュートであり、1つの機材が音楽をどのように変化させられるかということを体感することができるアプリケーションです。

Beatles の “Revolition” や、Jackson 5、Marvin Gaye のような Motown クラシック、現代では Radiohead の “Bodysnatchers” などの楽曲を聴いたときに、“どのようにしてこのギターサウンドが録られているのか?” と考えたことはないでしょうか。その答えは明らかにされないことが多いですが、実際にはヴィンテージのスタジオコンソールにギターを直接プラグインする “ダイレクト・イン” という非常にシンプルで実用的な手法で制作されているのです。JHS Pedals の Colour Box は、デジタルモデリングは一切使用せずに、ヴィンテージ Neve* の回路を採用した 100%アナログ回路によってライブ機材、もしくはスタジオ環境下でこれらのギタートーンを再現するためにデザイン、開発されました。ギターアンプから “ダイレクト・イン” トーンを出力できる方法は今だかつてありませんでしたが、Colour Box を使用することでそれが可能になります。Colour Box はエレキギターだけでなく、ハイクオリティなスタジオプリアンプに接続出来る全ての楽器に対応しています。マイクからベース、キーボードやアコースティックギターなどの全てに使用することができます。

 

Whats Inside?
あなたの足元もしくはデスクトップに、本物のヴィンテージコンソールのカラーとキャラクターを提供するまでには長い道のりがありました。まずは、素晴らしいクリーントーンを作るために、2つのゲインステージを直列にすることから始まりました。しかし、その結果あらゆるシグナルを破壊的なサウンドにもできる素晴らしいファズサウンド、さらに最大にすると豊かなハーモニクスを含んだ 39dB ものゲインを獲得しました。各ゲインステージのローカルフィードバックは、それぞれにとてもユニークなディストーションサウンドを作り出します。Neve* 1073 と同じトポロジーとディスクリート・ゲインステージを採用しましたが、オリジナルの1段のゲインステージに対して、敢えて2段の直列ゲインステージとしています。また、高品位な Lundahl 製トランスフォーマーを採用していることで、高級なスタジオプリアンプを通さなければ得られないような重さと臨場感、立体感を音色に加えています。このトランスは低域をファットにし、複雑な倍音成分と豊かな中域、そしてスムースで丸みのある高域を与えてくれます。さらには全ての DCボルテージを遮断して、電気的な絶縁と RF(高周波)を確実にブロックし、驚異的に静かなオペレーションを実現しています。

 

The Controls and Jacks?
コントロールは3つのセクションに分かれています。

1. Gain (RED)
ゲインセクションは3つのコントロールで構成されています。
- Pre Volume (Pre-Vol) コントロールは、オーバードライブペダルの Drive ノブと同じような感覚で使用することができます。この回路において、Pre Volume は2つのゲインステージの間に配置されていて、2段目のゲインステージに送られる信号の量を決定します。
- Master Gain (Master) コントロールは、典型的なボリュームコントロールです。Master Volume や Output Trim と呼ばれることもあります。
- Step:Gain (Step) コントロールは、各プリアンプステージのゲインを5段階で切り替えます。Step ノブを左から右に回すと、以下の設定のとおりにゲインが増加します。
1 = 18dB
2 = 23dB
3 = 28dB
4 = 33dB
5 = 39dB

2. Equalizer / Tone Control (BLUE)
このトーンコントロールセクションは Baxandall タイプのアクティブ・トーンコントロールで、コントロールの相互作用を減らし、強力なブースト/カットが行えるよう高度なモディファイが施されています。各 EQ ノブの中心周波数は Treble = 10kHz、Middle = 1kHz、Bass = 120Hzで、±17dB の範囲でコントロールできます。

3. Highpass Filter (YELLOW)
Highpass は 60~800Hz の間で1オクターブ毎に 6dB 変化させ、高周波数帯だけをパス(通過)させるハイパスフィルターです。このコントロールを使用することで、あなたの機材からは今まで聴いたことのないようなインスピレーション溢れる質感のトーンを作り出すことができるので、トーンのパレットをさらに広げることができるでしょう。トグルスイッチは Highpass の ON/OFF を切り替えます。

 

In and Out Jacks
Colour Box は、ギターペダルでは一般的な 1/4” フォンタイプのインプット/アウトプットジャックに加えて、ボーカルやベース、アコースティック、キーボードなどに使用できるよう XLR に対応したジャックもインプットとアウトプットの両方にそれぞれ備えています。アウトプット端子の 1/4” フォンジャックと XLR ジャックは独立しているため、同時に使用して2系統の出力先へパラレル接続することも可能です。例えば、1/4” フォンジャックからはギターアンプに、XLR ジャックからはミキサーへ出力させることができます。また、1/4” フォンアウトをミキサーへ直接接続し、“ダイレクト・イン” サウンドと通常の Colour Box のサウンドを2トラックにセパレートしてレコーディングする際にも有効です。パラレルアウトプットは、ディスクリートのシャント・フィードバック回路を採用しています。

 

Input Selector Switch
インプットジャックの隣のインプットセレクタースイッチでは、ライン入力とマイク入力を選択できます。楽器を接続する際は Inst ポジション、マイクを接続する場合は XLR ポジションに切り替えて下さい。さらにインプットレベルを -20dB に落とすことの出来るスイッチも搭載しています。

 

Power
電源は 18V DC センターマイナスアダプターでご使用いただけます。アダプターは付属しています。

“ダイレクト・イン” レコーディングされた楽曲例:
“Revolution” The Beatles
“Sgt. Peppers” The Beatles
“Black Dog” Led Zeppelin
“The Beast And Dragon, Adored” Spoon
“Cinnamon Girl” Neil Young
“Highway 61” Bob Dylan
“Reeling In The Years” Steely Day
“Strange Brew” Cream
“Another Brick In The Wall Part 2” Pink Floyd
“Bodysnatchers” Radiohead
“Engines Of Creation” Joe Satriani
“LA Woman” The Doors
“Territorial Pissing’s” Nirvana
“Sgt. Peppers” The Beatles
“Get Lucky” Daft Punk
“Im Coming Out” Dianna Ross

 

Phantom Power
Colour Box は、Phantom 電源の供給は行うことができません。

 

今だかつて、スタジオコンソールを収めたコンパクトペダルはありませんでしたが、Colour Box を使用すればペダルボードにプロ・オーディオのトーンクオリティを足元でコントロールすることが可能になります。

 

* Neve® という単語/名称は AMS Neve ltd.の登録商標です。JHS の Colour Box は AMS Neve ltd.とは一切関係がありません。

VIDEO

*****DEMO OF VOCALS & KEYS*****