Guitar Pedals

The AT (Andy Timmons) Signature Channel Drive
  • The AT (Andy Timmons) Signature Channel Drive
  • The AT (Andy Timmons) Signature Channel Drive
  • The AT (Andy Timmons) Signature Channel Drive

The AT (Andy Timmons) Signature Channel Drive

2013年、Andy TimmonsはテキサスのとあるギターショップでAngry Charlieを購入しました。程なくしてそれは彼のメインの歪みチャンネルとなったのです。2015年のウインターNAMM SHOWにて我々は彼とミーティングを行い、彼の個人的な嗜好やニーズに合うように微調整を行い、それによって彼の機材によりフィットさせることが出来たのです。このような歴史を持ってJHSペダルの”AT”(以前は”The @”として知られていました)は誕生したのです。それではペダルのコントロールや機能について見ていきましょう。

The ATは4つのノブと3ポジションのトグルスイッチを装備しています。VOLUMEコントロールはエフェクト信号の全体の音量を調節します。EQコントロールはローパス・フィルターで、ペダルのトーンをすごく自然に暗くしたり、明るくすることが出来ます。DRIVEコントロールは、ゲイン/ディストーションの量をお好みに合わせて調節することが可能です。AIRコントロールは、もう1つのローパス・フィルターですが、“High Treble”の周波数帯にのみフォーカスしています。The ATがどのようなアンプとの組み合わせでも完璧に機能するように、対応のEQコントロールとしてファインチューンが可能であるということです。

3-Wayのトグルスイッチは”ヘッドルーム”トグルと呼ばれるものです。スイッチを下側の位置にすると50Wモードとなります。真ん中の位置が100Wモードで、上側が25Wモードです。これらはチューブアンプの異なる出力を再現したものですので、本当のチューブアンプのように、100Wが一番音量が大きく、50Wが中間で、25Wが一番音量が小さくなりますがよりドライブが得られます。真ん中の100Wモードは、クリーンで、ラウドかつフルパワーのサウンドとなります。このモードでは、DRIVEノブを半分以下にしても、オリジナルのAngry Charlieでは得られなかった、シングルコイルピックアップに火を付けて巨大なローエンドとパワフルなパンチのある素晴らしいオーバードライブのトーンを得ることが出来ます。スイッチ下側の50Wモードでは、どこの帯域でも素晴らしいクランチ/ディストーションサウンドが得られます。またこのモードは、JCM800のクラシックなブリティッシュ・ゲインステージが欲しいプレイヤーにぴったりです。上側の25Wモードでは、どのように設定してもディストーションの領域となり、豊かな倍音と強調された中域、そしてより鋭いサウンドとなります。ゲインがお好きであれば、このモードをお勧めします。

これは究極の柔軟性を持ったペダルで、ゲイン領域のかなり広い部分をカバーしています。もし1台のペダルで、歪ませた本物のブリティッシュチューブアンプと4×12キャビを組み合わせたサウンドが必要なら、Andy Timmons シグネイチャーペダルがここにあります。それこそが、”AT”です。”The AT”は18Vでも9Vでも安全に駆動します。

VIDEO