Guitar Pedals

Emperor (Analog Chorus/Vibrato with Tap Tempo)
  • Emperor (Analog Chorus/Vibrato with Tap Tempo)
  • Emperor (Analog Chorus/Vibrato with Tap Tempo)
  • Emperor (Analog Chorus/Vibrato with Tap Tempo)

Emperor (Analog Chorus/Vibrato with Tap Tempo)

JHS Pedals Emperor は、本物のアナログコーラス/ピッチ・ヴィブラート・エフェクトペダルで、タップテンポ、ウェーブフォーム切替、ロータリー・スピーカー・シミュレーション、トゥルーステレオ・アウトプットなどの多彩な機能を備えています。要望の高かったヴィンテージの Arion SCH-1 コーラス・トポロジーから開発はスタートし、Emperor は本物の BBD素子 “3207チップセット” を採用したトーンと先進的な拡張機能を備えたペダルとしてデザイン、開発されました。ヴィンテージ・モジュレーショントーンを実現しながらもモダンなコントロール性を兼ね備えており、ヴィンテージの BOSS VB-2、CE-2、CE-1、そして SCH-1 といった伝説の名機たちが奏でてきた本物のアナログモジュレーションサウンドをここに再現します。

 

ノブ&コントロール
Emperor は、Volume、Tone、Speed、Depth の4つのコントロールノブを搭載しています。Volume コントロールはインプットシグナルのカット/ブーストを調整します。これによりウェット音とのミックスバランスを必要に応じてフレキシブルにコントロールすることができます。Tone コントロールは、オリジナル SCH-1 のトーンスタックのバリエーションで、スウィープ、フォーカス、そしてレンジなど複数のコントロールにも影響を与えます。Speed コントロールはモジュレーションのスピードをコントロールします。タップテンポ・スイッチは Speed コントロールと連動して動作し、Speed コントロールの設定をリアルタイムで上書きすることが可能です。Depth コントロールはモジュレーションの深さを調整します。

 

トグルスイッチ
Emperor のトップ面の真ん中には2つのトグルスイッチが搭載されています。Chorus/Vibrato スイッチは、コーラスモードとヴィブラートモードの切替を行います。ウェーブフォーム(波形)のセレクトスイッチは、Sine(正弦波)、Square(矩形波)、Triangle(三角波)の3タイプから選択することができます。3つの波形はそれぞれユニークなコーラスオプションを3タイプ、ヴィブラートモードでも3タイプのオプションを作り出せるので、計6つの異なるモジュレーションセッティングが行えます。どちらのモードでもタップテンポ機能は有効です。使い始めのポイントとして、両方のトグルスイッチが下のポジションのときは VB-2 スタイルのピッチ・ヴィブラート、上のポジションのときは SCH-1 のコーラスサウンドを再現するセッティングになります。

 

ジャック
Emperor は3つの 1/4” ジャックを搭載しています。インプットジャックにはギター等の楽器からの信号を入力し、アウトプットはアンプや後続のエフェクター等と接続します。アウトプットジャックは TRS のステレオ出力に対応しており、TRS スプリッターケーブル(Y字ケーブル)を使用すればステレオ出力が可能となるので、2台のアンプを使用したステレオ・モジュレーション効果が得られます。Tap/Expression ジャックは、TRS ケーブルを使用してエクスプレッション・ペダルやタップテンポをコントロールする外部スイッチを接続します。また、Tap/Expression のどちらを使用するかは内部の Tap/Exp スイッチによって選択することができます。エクスプレッション・モードのときは、TRS ケーブルでエクスプレッション・ペダルを接続してスピードをコントロールすることが可能で、Chorus/Vibrato スイッチをコーラスモードで使用した場合には、ナチュラルなロータリー・スピーカー・シミュレーションエフェクトが得られます。Speed パラメーターを足元でリアルタイム・コントロールすることで、非常にリアルなロータリー・スピーカーサウンドになるよう完璧にプリセットされています。タップ・モードのときは、外部タップテンポ・スイッチを接続してモジュレーションスピードを設定することができます。

 

トゥルーバイパス/バッファードバイパスオプション
左側のフットスイッチでエフェクトの ON/OFF を切り替えられますが、Emperor では内部にあるディップスイッチでトゥルーバイパス/バッファードバイパスを切り替えることができます。TRS スプリッターケーブルを使用して Emperor をステレオ出力で使用する場合は、必ずバッファードバイパスに設定して下さい。トゥルーバイパスモードではステレオアウトプットは機能しません。初期設定時はバッファードバイパスにセットされています。このバッファーはハイクオリティでオリジナルトーンを忠実にキープし、機材の中で発生しがちな音質劣化を防ぎます。

 

電源は一般的な 9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。
サイズ:119.4mm x 94.0mm x 30.5mm

VIDEO