Guitar Pedals

パンサー
  • パンサー
  • パンサー
  • パンサー

Panther Cub V2

JHS Pedals は 2011年に Panther Analog Delay をリリースしましたが、不可能と思われていたハーフサイズへの小型化やさらにいくつかの改良を加えて、2年後の2013年には Panther Cub を完成させました。2018年、この困難な作業に改めてトライし、Panther Cub V2 でさらなるハーフサイズ化を実現しました。

 

What’s New on the V2?
– Panther Cub V1.5のハーフサイズにすることでさらなる小型化を実現
– ウェット100%の設定が可能
– Gain コントロールによる全体のボリューム設定が可能
– 今まで以上に滑らかなオシレーションと動作
– ティルトスタイルのEQ機能を搭載したアクティブ EQ

100% Analog Bucket Brigade Technology
Panther Cub V2 は、アナログ・ディレイマニア垂涎のダークでコシのあるサウンドを生み出し、最大1000msのディレイタイムを設定することが可能です。モジュレーションコントロールによる美しいアンビエント・モジュレーションも備えています。

– 1000msec ディレイ(最大1秒)
– 4つの3205 BBD素子を採用
– タップテンポ使用時でも正確なオンボード・モジュレーション

 

 

Extensive Onboard Control
革新的な機能を備えたPanther Cub Delayは、JHS Pedalsのラインアップの中でも最も魅力のあるペダルのうちの1つで、非常に珍しいオンボードのタップテンポ機能を搭載したオールアナログのディレイペダルです。また、4分、付点8分、8分、3連符の4つのディビジョンを切り替える RATIO コントロールも備えていますが、この機能は2011年の最初のオリジナル Panther Delay の頃から搭載していました。

– ソフトタッチのタップテンポ・スイッチ

– 4ポジションの RATIO コントロール (4分、8分、付点8分、3連符)
– ディレイタイムに合わせて点滅する LED

 

 

External Tone-shaping Power
Panther Cub のコントロールと調整能力は、オンボード上で確認できる以上に拡張性に富んでいます。エクスプレッション・ペダルで設定を変更したいコントロールノブを割り当ててリモートコントロールしたり、また、タップテンポを外部コントロールできる他、Panther Cub で設定したタップテンポを出力して外部機器と同期させることもできます。

– ステレオ出力時のドライ(原音)アウトが可能(TRSスプリッターケーブルを使用)
– 機能を選択してアサイン可能なエクスプレッションコントロール(Time、Ratio、M.odulationコントロール)
– 外部スイッチによるタップ・テンポコントロールや他のタップ・デバイスと同期が可能なタップ・インプット/アウトプット

 

Additional Panther Cub Benefits:

– 従来よりもコンパクトなペダルボードフレンドリーなサイズ
– 占有スペースを抑えるトップ・マウント IN/OUT ジャック
– トゥルーバイパス
– 標準的な9V DC センターマイナス極性

VIDEO