Guitar Pedals

Switchback
  • Switchback
  • Switchback
  • Switchback

Switchback

Switchbackはコンパクトで目立ちにくいボックスですが、見かけによらず多くの機能を備えています。はじめはJHSの作業場でプロダクトのテストや比較を行うためのディバイスとして設計されましたが、やがてステージやスタジオで多くのギタリストが使用する機材として極めて便利であることに気付きました。
Switchbackは1系統のインプットとアウトプット、切り替え可能な2系統のセンド/リターン、そして別売のRed Remoteでもコントロール可能なA/Bトグルスイッチを搭載しています。フットスイッチは100%トゥルーバイパス方式のため、電源がOFFでも信号は影響を受けません。

1.A/B トゥルー・バイパスルーパー
単一または複数のエフェクトペダルをLoop1とLoop2にそれぞれ接続します。トグルスイッチもしくはRed Remoteを使用して、2つのループを瞬時に切り替えます。2つの異なるループを簡単に配置でき、演奏中にデッドタイムなく2つのペダルを状況に応じて切り替えることが可能です。オールドのTS808のサウンドがTS9よりも優れているか確かめる時などの用途に適しています。複数のペダルを試奏したい時に欠かせないアイテムになるでしょう。

2.シングル トゥルー・バイパスルーパー
使用したいエフェクトペダルをLoop1に接続します。トグルスイッチもしくはRed Remoteでエフェクトループとクリーンのバイパスシグナルを切り替えます。Switchbackは、ジャックに何も接続されていないループを自動的にバイパスする機能があるため、Loop2をパッチケーブルでブリッジする必要はありません。

3.A/Bボックス
Send1とSend2を2つの異なるアンプやその他の機器に接続して、必要に応じて2つのアウトプットを切り替えるといった方法が可能です。さらに、Red Remoteを使用して演奏中にリモートで操作することも可能です。

4.アンプインプット・セレクター
Send 1をチャンネル1、Send 2をチャンネル2に接続することで、オールドマーシャルやフェンダーのようなマルチインプットのアンプのチャンネルスイッチとして使用できます。

5.エフェクトループ A/B
アンプのエフェクトループのセンド端子とSwitchbackのインプット、エフェクトループのリターン端子とSwitchbackのアウトプットを接続した状態で、Switchbackの2つのループを切り替えることができます。
Red Remote機能を使用することで、ループのエフェクトをペダルボード内やラックに収めることができ、1×1インチのRed Remoteだけボードに組み込んでおけば、いつでもループへアクセスすることができます!

Switckbackはツアーやスタジオ用の機材として不可欠なアイテムになるでしょう。これさえあれば、機材が複雑なパズルのようになってしまっても簡単に操作できます。

VIDEO